エッチ出会い情報

エッチな出会いは、そもそも存在するのか?

エッチな出会いは、そもそも存在するのか?

エッチな出会いは、そもそも存在するのか?

女の子とイチャイチャし、セックスすることが目的の「エッチな出会い」。

しかし、単にエッチな出会いとは言っても、本当にそんなものが存在するのか、というのは気になるところ。

そもそも、男のほうから動いて、女の子をゲットし、かつ、ふたりで会ってセックスに持ち込むだなんて実現可能なのでしょうか?

はっきり言いましょう。可能です。

この世の中には、毎月毎週毎日のように、女の子と会って、セックスをしている男性がいるのです。

そこまで行くのは至難の業ですし、それなりに金も要りますが、月にひとり女の子を食う、くらいなら誰にでもできるのです。

どうして「会える女」がそれだけいるのか?

では、そもそも、どうしてそれだけ「会ってくれる女」、「ヤらせてくれる女」がいるのでしょうか?

これはネットを介した出会いであることを前提にした話ですが、まず、女の子だって、エッチなことには興味があるんです。

処女だったら、大抵の子は、早く卒業したいなぁ、と思うでしょうし、そうでなくとも、性的快楽に飢えている女性はたくさんいます。

しかしながら、それを自分の生活圏、たとえば、同じ学校内とか、職場とかで解決するわけにはいかないんですね。

それはどうしてかというと、下手をすれば「ビッチ」、「簡単にヤらせてくれる女」というレッテルを貼られてしまうかもしれないからです。

それらのレッテルは、女の子の評価を著しく低下させるもの。社会的信用も失いますし、同性異性問わず軽蔑されてしまう傾向にあります。

また、それらのレッテルを貼られてしまえば、寄ってくる男も体目当てばっかりで、本気の恋というのができなくなります。

いざ本気で誰かを愛しても、その人に自分がビッチであることを知られていたら、「そんな誰にでもヤらせるような奴と付き合えるか」と思われてしまうでしょうし、告白して付き合えたとしても、ビッチは、その男性からすれば「都合のいい女」でしかないのです。

女の子は、安全圏で相手を探す

そんな事情があるために、女の子は、インターネットを介し、自分の生活とはじゅうぶんに離れたところに住んでいる男性を求めます。

そしてそこでは、「本来の自分」を曝け出します。

だってどれだけエッチ好きと知られても、その男性とは普段関わりのないところに、自分は住んでいるのですから。

そういうわけで、「この人だったら自分とは普段関わりないから大丈夫」、「信用できる人だし、自分との行為をネットにアップしたりも絶対にしなさそうだから大丈夫」、そのように思われれば、案外簡単に、そして誰でも、女の子と会うことができるのです。

実は、これには、年齢や容姿なんかもほとんど関係ありません。

清潔感があって、明るく、信用できて、優しい人であれば、相手はネットを使ってまで相手を探すような女の子、誘えばすぐに会ってくれます。ヤらせてくれます。

やる前から諦めるのではなく、まずは、掲示板や出会い系サイトなどで、書き込みをし、あるいは書き込みに返信し、相手を探してみましょう。