エッチ出会い情報

実は犯罪?女性にセックスの対価を支払う、援助交際の実態

実は犯罪?女性にセックスの対価を支払う、援助交際の実態

援助交際とは

最近、出会い系サイトなどで最も多く見られる募集が、「援助交際」ですね。

これは、セックスフレンドとも、割り切りとも違います。

むろん、交際というのも単に「付き合う」というのではなく、「肉体関係を有する付き合いをする」ことにあたります。

今では大体が、セックスをするだけの出会いになってきていますね。

では、その交際の頭についた「援助」とは何か?

むろん、金銭的援助、支援のことです。

つまり、セックスをさせてもらうかわりにお金を支払う、というのが援助交際なのです。

本来、セックスの対価としてお金を払う、貰う行為は法律で禁止とされています。

払ったほうも貰ったほうも、罪に問われます。

何故援助交際が横行するのか

では、何故出会い系サイトでそのような出会いが横行しているのか?

それは、立件が非常に難しいからです。

双方同意の上で行われる援助交際というのは、どちらかいっぽうが、その情報(セックスし、その対価として金銭の授受があったこと)を漏らす心配がありません。

また、警察に問い詰められたって、

「いや、ただ単にお小遣いをあげただけだよ」

と言われてしまえばなんの罪にも問えませんし、だいいち、密室であるホテル内などで金銭の受け渡しが行われるため、それがあったと証明するのも難しい。

すべてを立件しようと思ったら、警察は、常にラブホテルの監視カメラの映像を注視し、会話まで録音しなければなりません。

それははっきり言って不可能です。

そんなわけで、援助交際は、それを希望する者が出会い系サイトで堂々と相手を募集してしまえるくらい、野放しにされているのです。

腐った世の中ですね。

援助交際は損をすることも多い

実際のところ、援助交際は、損をすることのほうが多いと思ってください。

相手は、体を売ることで高額な金銭を得、楽して生活しようなどと思っている馬鹿な女ですので、基本的に面倒くさがりです。

それはむろんプレイにも現れます。

また、この手の女には、何故か上から目線の輩が多い。

こっちはお金を払う側だというのに、どうしてかご機嫌をとらなければならない。こんなことはザラにあります。

それでも援助交際に手を出す男性が後を絶たないのは、やはり、「お金を払えばヤれるから」でしょうね。

モテない男、どうしても女性とうまく話せない男、リアルで困っていなくともチャンスがあればより多くの女を抱きたいと思っている男。

そんな人たちが、この援助交際に手を染めるのです。

危険な香りを楽しむ、それが援助交際

人によっては、家出中の少女なんかを狙ったりもするようですね。

ここまで行ってしまうとさすがに危険な香りが漂ってきますが、実際に、摘発されていないというだけで、「少女」と呼べる歳の女の子を食っている援助交際常習犯は確実に存在します。性欲が理性に勝ってしまうような人種ですね。

そういったところに援助交際に魅力があるのかもしれませんが、簡単にオススメできるものではありません。

挑戦するのであれば、それ相応の覚悟が必要です。