マッチングアプリ情報

出会い系サイト基本マナー

出会い系サイト基本マナー

出会い系サイトだから必要なマナー…というよりネットでの交流全般にいえることですけど、やっぱりマナーの悪い人は嫌われます。

ひょっとしたらサクラとかではなく、ホントにあなたに興味を持ってメールをくれたかもしれない人に悪い印象を持たれないようにするためにも、マナーについてもう一度考えてみましょう。

現実世界でもマナーのなってない人はダメでしょ?

ネットだって同じです。

言葉遣いに気をつけよう

ネットは顔が見えません。

うん、Skypeとかなら別ですけど、基本は文字だけですよね。

表情を見ながら話すのと違って、ディスプレイに並ぶ文字列だけの会話では「乱暴な言葉遣い」や「いきなりの馴れ馴れしさ」はNGです。

せめて最初くらいはちゃんとした挨拶と丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

エロモード全開ってのは…

これはまぁ、サイトにもよるかもしれません。

確かに「割り切り」とか「即○○」などという単語が踊るようなサイトでは、あんまり気取ってても意味ないですしね。

ちなみにこの手のサイトのサクラ率は凄まじく、場合によっては「サクラ率100%」とウワサされるところすらあります。

これで「出会い系サイト規制法」に引っかからないのは不思議なんですが、運営会社を調べてみると一度摘発を喰らった業者が名前だけ変えてるパターンも少なくありません。

まぁ、それはともかく…普通のサイトでは少し控えめにして真面目なイメージを出した方がモテますよ。

といって、なんだかテンション低めなのもNG。

明るく真面目、ちょっぴりエッチというくらいが一番いい感じです。

ウソや誇張はやめよう

筆者はフランスと日本のハーフで身長は190センチ。

ケンブリッジを卒業してから日本に戻り、慶應の大学院に在籍中です。

なんて…こういうのって、メールで会話するのもその場限り、絶対会うことがないという人だったら嘘八百を並べ立てても平気です。

でも、長くメールを続けていつかは本当に会いたいと思うならやめておいた方がいいですね。

そもそもウソを並べたプロフィールは会話を続けていく中で間違いなく破たんします。

ましてや外見上のことなんて会ったら一発でバレますからねぇ…ある程度の「盛り」はともかく、明らかな虚偽はやめましょう。

虚しくなるだけです。