マンション管理士の資格取得のために

国家資格であるマンション管理士は国家試験を受け合格し、マンション管理士として登録することでなることができます。
もちろんそのためには受験対策、つまり勉強をしなければならないということになります。
一般にマンション管理士の資格取得のためのべんきょうは600時間必要と言われています。
その勉強方法も独学、通信講座、予備校といったように様々なものがあります。効率よく勉強をするためには自分に合った学習方法で進めることが大切です。

きちんと自己管理のできる人であれば試験日に合わせてスケジュールを立てて独学で進めることも可能でしょう。
そのためには問題集や参考書といったものも必要となりますが、書店や簡単に入手できます。もしなければ注文してもよいですし、通信販売等で購入しても構いません。
そのもの自体はどこで買っても同じです。独学とは少し異なりますが似たような学習方法で通信講座といったものもあります。
教材が自宅に送られてきてその教材を使用して勉強するのです。

多くの通信講座がありますが、その中のフォーサイトでは少し特徴があり、テキストを読むだけの学習ではありません。
DVDが付属しており、専任の講師がテキストの内容をわかりやすく解説している動画が付いているのです。
こういった学習方法ではテキストを見ながら説明を聞くことができるので、個別学習に近い形で学習をすることができます。
また、そのテキストもフルカラーとなっており、資格的に学習をサポートするようになっています。
実際に2013年の合格率とは全国平均の3倍近い23.6%となっています。