不動産業界の資格、マンション管理士

不動産業界で従事するにあたって取得しておくと便利な資格はいくつもあります。代表的なところでは宅建があります。
これは宅地建物取引主任者の略で、不動産の取引を行う際に重要事項の説明がありますが、それを行うことのできる資格です。
ある意味不動産の営業においては必須といえるかもしれません。他にも建築士や行政書士、管理業務主任者といったような様々な資格があります。

これらに加えて平成13年から始まった新しい資格でマンション管理士というものがあります。
これはマンションの建設や管理、維持に関する様々な法律や知識を習得していることを証明する資格で、この資格の取得者の主な仕事としてはマンション管理組合へのコンサルティングとなります。
この資格は始まったばかりということもあり、また取得の難易度も高く、まだ、それほど多くの資格取得者がいるわけではありません。
こういった資格を一つでも多く取得しておくことで、不動産業界での就職や転職に有利に働くことは間違いないと言えます。

マンション管理士はコンサルティング業務を主体に独立開業することもできます。
ですが、現在ではなかなかマンション管理士の資格のみで独立開業するのは難しいとされています。ですから、独立開業を考えるのであれば、先にあげた資格なども併せて取得することで独立開業がしやすくなります。
独立開業をしない場合でも、企業によっては資格に対して資格手当が出ることもあります。
もちろん不動産業界では有益な資格ですから、不動産業界でのスキルアップとして様々な資格の取得は自分にとって大きなメリットでありアドバンテージとなります。

次のページ「マンション管理士になるには」